即日面接


即日面接とは


破産申立てをした日に破産宣告がなされる制度。一般の破産手続きに比べて、簡素化・迅速化されている。破産審尋は弁護士だけが面接して、債務者本人は出頭しなくても良い。

ただし、免責審尋は債務者が出頭しなければならない。それでも、都合1日、つまり1回だけ裁判所に行けばよい。この「即日面接」の制度は、弁護士が代理人となって申し込む場合に限って認められるため、債務者本人が破産申立てをする場合には、利用することができない。

現在では、東京地裁と横浜地裁でしか行われていない。


携帯電話滞納料金の時効援用しても携帯電話の新規契約が出来ました!

  • 最終更新:2013-11-06 10:28:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード