借金の時効援用


借金の時効援用


銀行などの金融機関や消費者金融からの借金の時効は5年になります。

(商法第522条)
商行為によって生じた債権は、この法律に別段の定めがある場合を除き、五年間行使しないときは、時効によって消滅する。
ただし、他の法令に五年間より短い時効期間の定めがあるときは、その定めるところによる

借りた相手が、親などの「個人」からの場合は10年となっています

(民法第167条)
債権は、10年間行使しないときは、消滅する。




  • 最終更新:2014-11-17 17:31:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード