保証人が時効の援用手続きを行った場合


保証人が時効の援用手続きを行った場合


保証人は借金をした本人の債務と保証人としての債務のどちらにも時効の援用が行えます。
時効を援用すれば、保証人は返済をする義務が無くなりますが、主債務者の返済義務がなくなる訳ではありません。






























  • 最終更新:2014-11-17 17:37:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード